3Dプリンターで作る自動運転シャトルバス「Olli 2.0」が都会のモビリティを変革する

遠くから見る限り、Olli(オリー)も、ここ数年よく見かけるようになった、未来を先取りしたような電動の自動運転シャトルと区別が付きにくい。

背の高い長方形のポッドのような本体に、間隔を思い切り空けて取り付けられたヘッドライト、丸みを帯びたフレームにはめ込まれた開放的な窓。「こっちにおいでよ、乗ってみてよ」と、親しみやすい顔つきで、優しく声をかけられているような気がしてくる。

しかしOlliは、製造方法や、誕生にまつわる話を含めて、普通とはまるっきり違っている。そして今回、メーカーのLocal Motors(ローカル・モータース)は、Olliにアップグレードを施した。それによって、この自動運転シャトルの採用が加速されることを期待している。

Local Motorsの共同創立者兼CEO、John B. Rogers Jr(ジョン・B・ロジャーズ・ジュニア)氏によると、この3Dプリンターによって製造される電動自動運転シャトル、Olli 2.0は、今後急速に普及する見込みだという。

「未来はここにあります。まだ均等に分配されていな……(中略)…… me-along-take-a-ride/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース