メディアも横一線で扇情 韓国社会に漂う「反日同調圧力」の正体

文在寅政権と韓国メディアが一体となって…

韓国の世論調査機関リアルメターが8月19日に発表した韓国人へのアンケート結果によると、今年の訪日について「いかない」と答えた人が81%に上った。

しかし、私の実感ではこれは決して個々の韓国人の「反日感情」の結果ではないように感じる。むしろ、韓国国内の「反日同調圧力」の影響を受けた結果という印象だ。

〔photo〕gettyimages

というのも、「いま日本に行くと社会からどういう目で見られるかわからない」「下手に日本に行くと、思わぬ不利益をこうむりかねない」という意見の韓国人がかなりの数、いるからである。彼らは「日本に行きたいが、行けない」というのが実態なのである。

何よりも民主主義の重要性を主張してきた文在寅大統領の治世でこのようなことが起こること自体、矛盾に満ちた話だが、残念ながら韓国では「反日同調圧力」がいまピークに達している。

なぜそんなことになったのか。

それは文在寅政権と韓国メディアが一体となって「反日」を煽ってきた結果というほかない。

特に現……(中略)…… 飲めない」……。こうした感情は、次第に鬱積してゆくだろう。ましてやこれが韓国経済の低迷につながりもすれば、その後の展開は火を見るよりも明らかだ。

いまは日本に向けられている韓国国民の厳しい視線は、次第に文政権や韓国メディアに注がれることになるのではないか。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース