アップルはSiriの音声クリップのレビュー方法を抜本的に見直しへ

Apple(アップル)について重要なニュースが入ってきた。同社のすべてのデバイスについて、Siriの音声レビュー、いわゆる「グレーディング」といわれる作業を見直すというもの。まず、ユーザーが明示的に選択しなければ、音声レビューを実行しないようにする。これは、今後のソフトウェアアップデートで対応予定だ。現在、そして将来のすべてのSiriのユーザーに適用される。

次に、ユーザーがレビューを許可した場合も、契約社員ではなくAppleの社員が自ら音声クリップを扱うようにする。これにより、プライベートなデータの処理を会社として中核的なプロセスに位置付けることになる。

Appleは、Siriのプライバシーの詳細の一部について、概要を説明するブログ記事を掲載した。これは、以前にもセキュリティに関するホワイトペーパーで説明していた内容だが、必ずしも一般に知られているわけではなかった。

Appleはこの問題について謝罪している。

「見直しの結果、私たちが掲げる高い理想に完全には到達していないことに気付きました。その点について……(中略)…… :Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース