吉田山田、毎年恒例「祭り」で夏を締めくくる

吉田山田が8月25日に東京・上野恩賜公園 野外ステージにて、ワンマンライブ「吉田山田祭り2019」を開催した。

今年で5回目となる「吉田山田祭り」は、毎年夏に野外の会場で行われている恒例のライブイベント。24日に同会場で実施された「吉田山田47都道府県ツアー~二人またまた旅2019~」の最終公演と異なり、この日の公演はバックバンドを従えた編成で2部構成のライブが行われた。

ステージ上で旗を振り回す吉田山田。

ステージに現れたバンドメンバーが「イッパツ」のイントロを弾き始めると、吉田山田はオーディエンスの意表を突くように客席の後ろから登場。「祭」と大きく書かれた旗を手にした2人は、観客たちの興奮の歓声を受け止めながらステージへと向かい、手にした旗を振り回してお祭り気分に拍車をかけた。「イッパツ」歌唱後には、「街」「カシオペア」などバンドサウンドが映えるナンバーが届けられ、会場はライブ序盤から大にぎわい。山田義孝(Vo)は「よく来たね」とオーディエンスを歓迎し、吉田結威(G, Vo)は……(中略)…… 星群05. 虹の砂06. 笑える07. 証命08. 約束のマーチ09. 日々10. 赤い首輪11. SODA!12. カシスオレンジ13. Color14. タイムマシン15. Today, Tonight16. 押し出せ17. フリージア18. YES!!!19. ガムシャランナー20. 夏のペダル

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース