サクソフォン・レジェンドが放つ新シリーズ『トルヴェール・ディスカヴァリーズ!』 サクソフォン四重奏の過去・現在・未来を「発見」!

結成から30年経た今もなお、日本のサクソフォンアンサンブルを牽引する存在としてトップを走り続ける、トルヴェール・クヮルテット。2019年11月30日(土)東京文化会館小ホールにて、彼らの活動の新シリーズとして『トルヴェール・ディスカヴァリーズ​!Vol.1』の公演が決定。サクソフォン四重奏の過去・現在・未来を「発見」するというテーマについて、また、委嘱作品やこれからの展望など、お話を伺った。

ーー今回のシリーズは新しく『ディスカヴァリーズ』というタイトルでVol.1として始まります。はじめに、このタイトルで新しく始めようと考えられた背景について、お願いします。

須川:今までトルヴェールがやってきたことを一言でまとめると、「ディスカヴァリー(発見)」なんですよね。新たなものと出会い、新たな音楽を作り、「こんなのサックスでやっちゃうの?!」みたいな曲もやり……。結成して30年以上経つわけですが、改めてタイトルをつけたことで、トルヴェールが今まで何をやってきたのかが分かりやすくなったと思います。『ディスカヴァリーズ』としてシリーズ化することで、一般の方にも……(中略)…… Cフィルとも共演。打楽器の山口多嘉子とのデュオ「パ・ドゥ・シャ」で、吉松隆の作品を収めたCDを発表。須川展也、トルヴェール・クヮルテットの共演者としてのキャリアも長く、多くの録音に参加。トリオ「YaS-375」メンバー。ピアノを安川加寿子、梅谷進、秦はるひ、今井正代、長谷川玲子、本村久子に指示。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース