池袋暴走事故の遺族が心境告白 署名とともに届く手紙が心の支えに

東京都東池袋の路上で起きた乗用車の暴走事故で、妻の松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を失った男性(33)が2019年8月30日、J-CASTニュースの単独取材に応じた。

夫の松永さんは、真菜さんや莉子ちゃんと過ごした日々を振り返り、失った2人を「本当に愛していました」と語った。

2人の出会いから、結婚、そして娘を授かるまで

自宅には、莉子ちゃんが好きだった絵本が、事故直後のまま置かれている。「亡くなった後も四十九日までは本読んであげようと思って、仏壇の前で本を読んでいたんです。莉子に読んであげている気がして、つながっている気がしたんです」。料理するしぐさが好きだった莉子ちゃん。おもちゃのキッチンセットも残っている。

真菜さんとは、2013年に出会った。「母が沖縄の人でした。母の父が亡くなり、親族の集まりがあった。そこに行ったときに、私のいとこが、『とてもいい人がいるよ』と(真菜を)紹介しました。最初はLINEから始めました。次の日は東京に帰らなくてはいけなかったので、とりあえずご飯でも行きましょうかという話になって会ってみたら、すごくきれ……(中略)…… 人的な考え」としては、「法制度や環境面、環境面など複合的に改善されていかないと事故は減らせない」と語った。

報道によると、30日までに29万筆以上の署名が集まり、9月15日まで署名活動を続けるという。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース