米小売大手Targetが「車に乗ったまま商品受け取り」サービスを全米展開

Targetは米国時間8月29日、注文したものをカーブサイド(道路脇)で同日にピックアップできるサービス「Drive Up」が全米50州で利用できるようになったと発表した。このサービスでは、消費者はオンラインで買い物したあと地元の実在店舗に行って決められた場所に車を停めると、購入したものをTargetのスタッフが車まで持ってきてくれる。

技術的な要件、インフラ、オンライン注文に早急に対応するために必要な運用の変更などを考えたとき、Drive Upはかなり速いペースで拡大してきた。

同社は2018年4月に初めて、同社の本拠地マーケットである米国ミネアポリス・セントポール近くの店舗でDrive Upを導入した。そこでは2017年10月からテストが行われていた。正式なサービス開始で、Drive Upはすぐさまフロリダやテキサス、南東エリアの約270店舗で利用できるようになった。計画では2018年末までに1000店舗で展開するとしていたが、夏までに800店舗を超えた。

そして2018年10月に1000店舗というマイルストーンを達成した。

……(中略)…… " rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース