あおり殴打の容疑者 浜松のあおり運転で事故起こしていたか

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された会社役員宮崎文夫容疑者(43)が6月、浜松市の新東名高速道路であおり運転をした疑いがあることが30日、静岡県警や目撃者への取材で分かった。急な車線変更の後で事故が起きており、県警は当時の状況を調べる。

 宮崎容疑者が運転していた黒色の乗用車と事故になったトラックの男性運転手によると、6月8日午前0時前後、浜松市の新東名高速上り線で容疑者は蛇行運転や車線変更、パッシングを繰り返した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 分かった。急な車線変更の後で事故が起きており、県警は当時の状況を調べる。

 宮崎容疑者が運転していた黒色の乗用車と事故になったトラックの男性運転手によると、6月8日午前0時前後、浜松市の新東名高速上り線で容疑者は蛇行運転や車線変更、パッシングを繰り返した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース