車好きがミニバンを毛嫌いする訳 重心が高く乗り心地悪いと否定的に?

レーシングドライバーもミニバンを所有する人は多い

 一般的に、クルマ好き、走り好きユーザーは、ミニバンに否定的ではないか。家族構成から、どうしても(奥さんの強いリクエストで)所有しなければならない場合でも、自身用の別のクルマに乗っていたりする。

 とはいえ、レーシングドライバーや走り屋と言われるモータージャーナリストでも、じつはミニバンを所有していることをボクは知っている。タイヤを積みやすいとか、車内で着替えしやすいなど、主に走りとは別の観点で選んでいたりもするのだが、果たして、売れに売れているミニバンを、はなから否定するのは正しいのだろうか。

 そもそも、クルマ好き、走り好きユーザーがミニバンに否定的になる最大の理由は、重心の高さによるものと思われる。低重心でスポーティなクルマに乗り慣れていると、カーブなどでグラグラ、大きくロールし、ステアリングを切った時のリニアな反応が得られないのは許せない……ということなのだろう。また、スポーティカーファンにとって、車重の軽さは大きな武器、魅力になるのだが、ミニバンは総じて重い。車高……(中略)…… すなど、その効果はドライバーだけでなく、同乗者も体感することができる」とのこと。

 それまでミニバンに乗っていて、クルマ酔いしていた子供が、クルマ酔いしにくくなったという報告もあるそうだ。ミニバンの走りに抵抗がある人はそういった製品を試すのもありだろう。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース