名花オクサーナ・ボンダレワに聞く~ミハイロフスキー劇場バレエ『眠りの森の美女』『パリの炎』の魅力

ロシア・サンクトペテルブルクのミハイロフスキー劇場バレエ(日本公演の旧称レニングラード国立バレエ)が2019年11月、4年ぶりに来日し、ナチョ・ドゥアト版『眠りの森の美女』全3幕プロローグ付き、ミハイル・メッセレル改訂振付『パリの炎』全3幕を上演する。共にカンパニーを代表する全幕作品の日本初演で、芸術の秋を飾る注目公演になりそうだ。SPICEでは、『パリの炎』に主演するオクサーナ・ボンダレワ(ミハイロフスキー劇場バレエ出身、元マリインスキー・バレエ ファースト・ソリスト)に単独取材を行い、ミハイロフスキー劇場バレエの特色や来日公演の見どころを聞いた。


ロシア・バレエ界屈指の実力派プリマに注目!

ーーボンダレワさんは2009年~2014年にミハイロフスキー劇場バレエで踊り、現在も客演しています。バレエの原点はウクライナのドニエプロペトロフスクのバレエ学校、バレエ団で、2005年~2009年にはロシア国立ラドチェンコ・バレエで踊られています。そしてミハイロフスキー劇場バレエを経て2014年~2017年にマリインスキー・バレエで活動されました。豊富なキャリア……(中略)…… 、ヴィクトル・レベデフ、ファルフ・ルジマトフ(ゲスト) ほか 管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

■11/24(日)16:00公演 ソリスト:アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ、イワン・ザイツェフ、ファルフ・ルジマトフ(ゲスト) ほか 管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース