パスピエ「思いもよらないことが起こるかも」 イノフェスで学生クリエイティブチーム「Nu Ink.」とコラボ! 意気込みを訊いた

今年で結成10周年を迎えたパスピエ。この10年で音楽業界も大きく変わった。例えば、サブスクリプションの登場で聴き方も変化。パスピエへのインタビュー後編では、バンドとして、テクノロジーの発達をどう捉えているのかを訊いた。

【前編】結成10周年のパスピエ、今後の展望は? 芯をブラさず、でも柔軟に「どっしりと構えて発信していけたら」

また、パスピエは9月29日(日)、日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)に出演する。筑波大学学生クリエイティブチームの「Nu Ink.」とコラボレーションで、スマートフォンや映像を駆使したインタラクティブな演出が、彼らの楽曲/ライブを“拡張”する。ライブ出演への意気込みも語ってもらった。

■「思いついた瞬間に発表できる」おもしろさ

――この10年間、音楽業界も大きく変化しましたね。サブスクリプションが広まったり、ステージ演出にテクノロジーが用いられるようになったり……(中略)…… DIRECT / AI Tommy◆せきぐちあいみ(VRアーティスト)◆テクノコント(川田十夢、ラブレターズ、男性ブランコ、マツモトクラブ、ワクサカソウヘイ、おぐらりゅうじ、藤原麻里菜)◆モーリー・ロバートソン(DJ/ジャーナリスト)and more!

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース