九州北部に深夜から早朝にかけ激しい雨のおそれ 新たな災害発生に警戒を

九州北部 深夜から29日(木)早朝に激しい雨のおそれ 新たな災害発生に警戒を

2019/08/28 21:15 ウェザーニュース

今朝、九州北部に猛烈な雨もたらした秋雨前線は、引き続き活動が活発な状態が続いています。28日(水)21時の段階で発達した雨雲は九州の北の海上を進み、一部が山口県から島根県に達しています。21時までの1時間に玄界灘に位置する福岡県小呂島で16.5mm、島根県斐川では12.5mmを観測しました。深夜以降も、九州北部や山口県など中国地方で雨の降りやすい状態が続きます。

局地的には1時間に100mm近い猛烈な雨のおそれ

特に活発な雨雲が深夜から29日(木)早朝にかけて、九州北部や山口県・島根県など中国地方を通過していく予想です。29日(木)の朝にかけて、九州北部から中国地方では局地的に1時間に60〜80mmの激しい雨が降る見込みです。発達した雨雲が同じようなところに停滞した場合は、1時間に100mm前後の猛烈な雨になるおそれがあります。雨が小康状態となったことで川の水位は下がっていましたが、雨の強まりによって再び水位が上昇して氾……(中略)…… 中は秋雨前線の活動が弱まって、いったん雨の落ち着くところが多くなります。ただ、週末の9月1日(日)頃まで前線は日本海沿岸に停滞し、再び活動が活発になるタイミングがありそうです。少なくとも週末までは雨に関する最新情報を確認して、安全に配慮した行動をとるようにしてください。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース