上白石萌音が野田洋次郎の書き下ろし曲歌う、綾野剛主演「楽園」主題歌

10月18日に公開される綾野剛の主演映画「楽園」の主題歌を、上白石萌音が担当することが発表された。

「楽園」はある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに物語が展開する作品。綾野のほかに杉咲花、佐藤浩市、柄本明、村上虹郎といった面々が出演し、重厚感のあるストーリーが紡がれる。

「楽園」ポスタービジュアル

上白石が歌う主題歌「一縷」(いちる)は野田洋次郎(RADWIMPS)が作詞作曲とプロデュースを担当した楽曲。2人は2016年公開の映画「君の名は。」の制作に携わった間柄で、上白石は「君の名は。」の主題歌の1つであるRADWIMPS「なんでもないや」をカバーした経験もあるが、野田が上白石に楽曲を書き下ろしたのは今回が初となる。今回のタッグについて、上白石は「洋次郎さんが、映画を観終わった人の小さな“救い”や“光”になればという気持ちが、もう最初に私の“光”になっていて『なんという名曲を歌うことになってしまったんだろう』と思ったのを覚えていますし、洋次郎さんに曲を書いていただくことが、私……(中略)…… 」という映画によって、萌音さんとまたこうして引き合わせてもらえたことがうれしいし、この曲が制作できたことが幸せです。僕にとっても大事な曲になると、この手応えを感じながら制作していました。聴いてくれる方々の人生と、一緒に育っていってくれたらうれしいです。

[embedded content]

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース