結成10周年のパスピエ、今後の展望は? 芯をブラさず、でも柔軟に「どっしりと構えて発信していけたら」

パスピエが今年、結成10周年を迎えた。彼らはいま何を思い、バンドは今後どこへ向かっていくのかを訊いた。J-WAVEで2014年10月から2年半、ナビゲーターを担当していた『THE KINGS PLACE』の思い出トークも。

■10年を振り返る! 今でも色褪せない「ワンマンライブの感動」

――10年を振り返って、どんな感覚がありますか?

大胡田なつき:いつの間にかでしたね。「10年迎えた、イエーイ!」という感じではなくて、「今年で10年なんだ」と気づいて。そこであらためて、これまでのことを振り返ったり、今後はどうしようかと考えたり、やってきた年月を背負っていく気持ちになりました。

三澤勝洸:アルバム1枚1枚、時間を使って、精神を研ぎ澄ませてやってきたので、振り返ってみると短かったですけど、やっているときは目の前のことに必死でしたね。きっとこれからもそうだと思います。

大胡田:最初の頃を思い出すと、若かったし長かったなと思うけど、途中のことはすごいスピードだよね。 記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース