ドラマ「凪のお暇」他人に興味がない主人公・凪に賛否両論

黒木華(29)主演ドラマ『凪のお暇』(TBS系)の第6話が8月23日に放送された。累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪(黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSも全て捨てる人生リセットドラマだ。

ゴン(中村倫也)と別れ、ママ(武田真治)の誘いでスナック「バブル」でボーイとして働き始めた凪。いっぽうの慎二(高橋一生)は会社の後輩・円(唐田えりか)とのオフィスラブを満喫していたが、凪からゴンと別れたことを聞かされ動揺する。さらに、凪の友人・坂本さんがやっと見つけた職場は詐欺まがいのことをしている会社だった……というのが第6話のあらすじ。

スナックでボーイとして働き始めた凪は、かいがいしく働きママからも「律儀な子」と絶賛される。退屈している客の相手をしようとするが、常連客から話題を振られても「知らないから……」と答えてしまい話がうまく続かない。会話のキャッチボールのコツをママに尋ねる凪だが、返ってきたのは厳しい言葉だった。

「そもそもなんで相手に会話のボールを投げてもら……(中略)…… いた凪。これまでは慎二とゴンに振り回されるばかりの凪だったが、ようやく本当の意味での人生リセットがここから始まったのかもしれない。

次回は慎二の凪への思いが再燃する裏で、ゴンによる凪への猛アタックがスタート! はたして凪は本当の恋愛をすることができるのか?

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース