YMOを40年撮り続けたカメラマン・三浦憲治「ライブで一番いい顔をする」

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。8月17日(土)のオンエアでは、カメラマン・三浦憲治が登場。イエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)を撮り続けた40年間の軌跡を語る。

■ユーミン、サザン…大物を撮り続けるカメラマン

三浦は1949年生まれで今年70歳。カメラマンとしてのキャリアは45年以上で、音楽関係の写真、なかでもライブ撮影を得意としており、YMOを撮影する以前は、海外アーティストをメインに撮っていた。三浦は「カメラを持っているとライブを前で聴けるぞ、それがメインだった」と語る。

ピンク・フロイドが来日した野外フェス「箱根アフロディーテ」、レッド・ツェッペリンの初の日本武道館公演、パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)の初来日公演ライブアルバム『Live in Tokyo』のジャケットなどを撮影した。

さらに、松任谷由実、サザンオールスターズ、矢沢永吉、井上陽水、ユニコーンと奥田民生、……(中略)…… 8時−12時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース