JR東、セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」を駅ナカに初導入へ、池袋東口「R・ベッカーズ」で9/4より利用可能に

世界各国のファストフード店などで導入が進む自立型セルフ注文端末が、首都圏の駅ナカでも使えるようになる。

ジェイアール東日本フードビジネスは8月26日、JR東日本スタートアップの協力のもと「R・ベッカーズ」池袋東口店に新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を導入すると発表した。JR東が駅ナカ店舗にO:der Kioskを導入するのはこれが初めてだ。9月4日より利用可能となる。

この注文端末の導入は、店舗側には、注文受付や会計業務の軽減や店舗オペレーションの効率化、省人化などのメリットがある。R・ベッカーズ池袋東口店においては1人分のレジ人員を削減できる見込みだという。また、顧客にとっては、レジの待ち時間の軽減、加えて注文した商品の調理進捗をデジタルサイネージで確認可能、などの利点が。O:der Kioskはクレジットカードや交通系電子マネーに対応している。現時点で対応言語は日本語のみとなっているが、今秋より英語版を追加予定だ。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース