駐輪場の自転車が勝手に移動され撤去される被害に トラブルの背景

公共の駐輪場へ自転車を停めていたのに、それが撤去され、その費用も持ち主に課せられるというトラブルが発生しています。駐輪場の整備と放置自転車の撤去を行う行政側は、どう対応しているのでしょうか。

他人の自転車を移動させて、自分の自転車を停める

 公共の駐輪場へ自転車を停めたのに、放置自転車として撤去された――京都市街地の路上駐輪場「まちかど駐輪場」を整備する京都市自転車政策推進室に、このような相談が年に数件から10件程度寄せられているそうです。


駐輪場のイメージ(画像:写真AC)。

 なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。同推進室では、駐輪場の満車時に他人の自転車を勝手に移動し、自分の自転車を停める人がいるためと見ているそうです。駐輪場外に持ち出され、放置自転車として市に撤去されてしまうと、それを取り戻すのには持ち主が保管所で撤去・保管料を支払わなければなりません。通常の放置自転車と区別がつかないためです。

 しかしながら、これは駐輪場を正しく利用していれば防げるものでもありました。

「まちかど……(中略)…… と同様、任意の暗証番号を設定できる駐輪ラックを順次導入しています。市の自転車課によると、既存の古いタイプの機器が使われている駐輪場では、現在も「駐輪した自転車が持ち出された」といった苦情が寄せられていることから、設備更新とともに暗証番号式の導入を推進するとしています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース