AR時代のインフラ開発目指すCynack、AR専用ブラウザ「Sphere」をリリース

AR領域の技術開発に取り組むCynackは8月26日、AR専用のブラウザ「Sphere」をリリースした。合わせて同社では本日よりARプロダクトを共創するパートナーの募集もスタートしている。

Sphereはスマートフォンのカメラなどを事前に登録しておいたマーカーにかざすことによって、その詳細情報や3Dアニメーションなどを表示させることができるARアプリケーションだ。たとえばポスターやパンフレット、名刺などをマーカーとして設定した状態でカメラをかざすと、対象物に関する具体的な情報を立体的に表示したり、設定した音楽や動画が流れる仕組みを作ることができる。

利用シーンは企業のマーケティングやPR用のコンテンツのほか、大型商材などを紹介するための営業資料や社内ツールなど。今後は2次元のマーカー画像だけでなく、立体的なモノや場所にかざせば情報が出てくる機能(マーカーレスタイプ)、カメラ内に写った複数のターゲットに紐づけられた情報を同時に表示できる機能などを追加する予定だという。

「『スマホの次』とも言われているARデバイスが本格的に普及した際のイン……(中略)…… "https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000025431.html" rel="noopener">NOWから数千万円の資金調達を実施している。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース