アメリカは雇う側の立場が弱い? Gartner社の人事担当が就職で悩む人々にアドバイス #jwave #tokyounited

J-WAVEでオンエア中の『〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「ECC FEATURE FOCUS」。8月16日(金)のオンエアでは、アメリカのIT分野で調査・コンサルティングを行う会社「Gartner」のchief of human-resources research(人事・人材研究のチーフ)であるBrian Kroppさんに、アメリカの人事採用事情について訊いた。

■アメリカは雇う側の競争が激しい

「ウォール・ストリート・ジャーナル」電子版にて、「社員の採用面接でマナーを守る必要があるのは、雇う会社側」というタイトルで、面接試験の際に面接官が気をつけるべき心得を挙げた記事が掲載された。

アメリカの会社の採用は、日本のように定期一括採用ではなく、欠員が出たら公募するスタイル。しかし、今、アメリカでは「人材難」の波が押し寄せているという。Brianさんは、人材を巡る競争が激しく、雇う側に少しでも間違いがあると、競合他社に人材をとられてしまう状況だと解説する。

雇……(中略)…… 11時30分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース