逃げるのは認めたも同然?「痴漢冤罪」における最善の手段は

【書評】『裁判官が答える裁判のギモン』/日本裁判官ネットワーク・著/岩波ブックレット /660円+税
【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)

 午後の比較的空いていた電車の中で、数人の女子高生に囲まれたことがあった。不穏な空気を感じて振り向くと、リーダー格の子が「痴漢だと騒いで、慰謝料を取ろっか」とつぶやき、その隣にいた小柄で華奢な女子は、上目遣いに薄ら笑いを浮かべていた。

 さすがに満員でなかったため、痴漢をでっちあげるのは無理と考えたのだろう。痴漢冤罪の濡れ衣を着せられることはなかったが、彼女たちが一斉に騒いでいたらと思うと、いまでもゾッとする。

 知り合いの弁護士は、痴漢と騒がれた時の対処法を「とにかくその場から逃げること」と言った。しかし裁判官の手による本書は、それがいかに危険な行為であり、取り返しのつかない罪状に繋がるかを教えてくれている。

 裁判官の目から見て、逃げることは痴漢を認めたも同然であり、「ホームから飛び降りるような危険な逃走」は、「鉄道営業法違反」をも構成する。「捕まればほとんど有罪」は免れない。……(中略)…… 験する事態にあって、まごつかない法律知識がふんだんに盛り込まれている。

 市民を守ってくれる法律も、一歩間違えればわが身を滅ぼす壁となる。そんな裁判の恐ろしさと、裁判官の手の内を知るための最適の実用書である。

※週刊ポスト2019年8月30日号

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース