ポルシェ初の電気自動車Taycanのインテリアは911を彷彿させる

Porsche(ポルシェ)が完全な電動自動車であるTaycan(タイカン)の9月4日デビューを前に、インテリアを公開した。ボタン類などごちゃつくものはすべてなくなっている。現代デジタル時代にふさわしい、こざっぱりとしたインテリアだ。

同社は8月22日、インテリアのいくつかの画像を公開した。今週初めに、TechCrunchは他の多くのメディアとともにインテリアを間近にし(まだ明らかにできないことも含め)、インフォテイメントシステムを触る機会を得た。

ポルシェはたくさんのスクリーンを搭載してそれで終わりとはしなかった。以下に詳細と、何が抜きん出ているかを挙げる。

911デザインを踏襲

一見すると、ダッシュボードではデジャブ感があるかもしれない。それは間違っていない。

デザイナーは1963 Porsche 911にダッシュボードのインスピレーションを得ている。下の図を見れば、それは明らかだろう。

このインテリアにおける911のDNAは明白だ。しかし単にリバイバルさせただけではない。上部と下部のダッシュの間にあり、シ……(中略)…… opener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース