「24時間テレビ」大きすぎるワイプの演出にSNSでは不満が続出

嵐がメインパーソナリティーを務める『24時間テレビ42 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が8月24日18時半に放送開始。早速、視聴者から不満の声が上がった。

番組開始から30分経たずで、嵐メンバーが挑むメイン企画の1つめ、東日本大震災の被災者が復興のために立ち上げた『青い鯉のぼりプロジェクト』に松本潤が参加した、和太鼓×鯉のぼりの生パフォーマンスを放送。

番組では、松本も宮城県東松島市に赴き、青い鯉のぼりと花火を背に、現地の青年たちと圧巻の和太鼓のパフォーマンスを生披露した。

しかし、そのパフォーマンス中、画面の右下に番組メイン会場となる両国国技館にいるパーソナリティーたちの表情を抜くワイプが常に表示されていた。そのサイズが大きく、パフォーマンスの全体を映す引きのカメラアングルでは画面右下にいるパフォーマンスをしている人、寄りのカメラアングルでは大事な和太鼓を叩く手元がワイプで隠れてしまうシーンも頻発。

SNSでは、この状況を見ていた番組の視聴者から

・ワイプでかすぎ
・パフォーマンス中 ワイプいる??
―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース