警察病院から逃走の男 車いすを要望し移動に不自由な様子を装う

 現行犯逮捕後に、けがで入院していた東京警察病院(東京都中野区)から逃走した韓国籍の住所・職業不詳、佐藤●(=さんずいに元)基(もとき)こと金(きん)●(=さんずいに元)基(げんき)容疑者(64)が、病院内で車いすの使用を強く要望し、痛みを強調するなど移動に不自由な様子を装っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 25日で逃走から1週間となるが、金容疑者が元暴力団組員だったことも判明。バスやタクシーを乗り継ぎ、知人の車で都外に逃走しており、警視庁は周到な計画のうえでの逃走とみて行方を追っている。

 金容疑者は13日、中野区内のすし店で発生した窃盗事件で身柄を確保される際に階段から転落し、鎖骨や肋骨(ろっこつ)を折った。中野署員に窃盗容疑で現行犯逮捕されたが同日中に釈放され、同病院に入院した。

 捜査関係者によると、負傷部位は上半身だったものの、金容疑者は車いすの使用を自ら強く要望。付き添っていた署員の前では、声を上げて痛がるそぶりを見せていたという。

 金容疑者の退院は前倒しされたが、退院予定前日の18日朝に逃走。病院……(中略)…… 切られた病室内で、金容疑者を直接見られない場所に待機していた。

 ただ、金容疑者の求めに応じトイレを離れた際、応援を呼ぶなどしていなかったのも事実で、警視庁幹部は「油断があったと言わざるを得ない。配慮しつつも容疑者から目を離さないのが原則だ」と話している。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース