「大阪クラシック~街にあふれる音楽」今年のテーマは、来年生誕250周年を迎えるベートーヴェン


今年で14回目となる「大阪クラシック~街にあふれる音楽~」が、9月8日(日)から14日(土)までの期間、開催される。

これは2006年に、当時大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督だった大植英次が、自らプロデューサーとなって大阪の街中にクラシック音楽を鳴り響かせたい!と立ち上げた、1週間に渡る無料コンサートを中心とした音楽の祭典だ。

これまでの13年間で、1041公演、57万人を超える動員を誇り、初秋の大阪を彩るクラシック音楽の祭典として、市民の間でも随分と定着してきた。

大阪市役所の正面玄関ホールもこの日はコンサート会場だ! (C)飯島隆

出演は、大阪フィルハーモニー交響楽団の他、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラと、大阪を代表するプロの楽団が一堂に顔を揃える。

今年は全81公演のうち無料公演が59公演。22公演は有料のコンサートだが、オープニングとフィナーレを飾る大阪フィルのコンサート以外……(中略)…… a(旧大阪市音楽団)▮問合せ:大阪クラシック事務局(平日 10時から17時まで)電話:06-6210-2454▮公式サイト:https://www.osaka-classic.com/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース