「健康ミネラルむぎ茶」が増量を続ける理由 ニーズに合わせ容量変化

落語家の笑福亭鶴瓶さん(67)のCMでおなじみ「健康ミネラルむぎ茶」。ツイッターやネット掲示板「5(2)ちゃんねる」では、この商品にまつわる「ある現象」が話題となっている。

それはズバリ、増量だ。


鶴瓶さんのイメージが強い「健康ミネラルむぎ茶」(伊藤園公式チャンネルより)

なぜか500ミリリットルのペットボトルは見かけたことがなく、少し太めの600ミリリットル台が主流。最近では650ミリ、670ミリなど、もはや見かけるたびに増量している気がする。

この商品がどんどん増量していく現象に対し、ツイッターでは、

「よく見るとギリギリまで入っていて執念を感じる」
「来年くらいには700mlになってそう」
「増幅亭鶴瓶って言われてんの笑う」

といった声が寄せられている。気になる点と言えば、一部ユーザーから「大きくてペットボトルホルダーに入らない」との嘆きがあるくらいだ。

なぜこんなに増量してくれるのか。いつまでこの増量は続くのか――。「鶴瓶の麦茶」こと健康ミネラルむぎ茶の増量の謎は深……(中略)…… の冷蔵庫に入らないなどの不具合が考えられます。とはいえ、今後もお客様のニーズに敏感にアンテナを張り、可能な限りお応えできるよう努めていきます」

とのこと。ドリンクホルダーに入らないという声はすでに出ていることもあり、大きければ良いというわけでもないようだ。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース