韓国がGSOMIAの破棄を決定 日米韓の連携で将来的にデメリット出るか

北朝鮮の飛翔体(写真:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

 韓国政府は8月22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。これを受け、「日本政府に衝撃」と見出しを打った日本のテレビ局もあったが、そもそもGSOMIAとは一体なんなのか。

 軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏に話を聞くと、「2016年に締結された、日韓間で共有された軍事情報を漏らさないための取り決めです」と説明する。保護協定というが、実際には軍事情報の共有ルールのことである。

 GSOMIAは運用されてまだ日が浅く、実際にどんな情報が対象となっているかは明らかにされていない。黒井氏によると、具体的な内容としてあげられるのは、北朝鮮のミサイルに関する情報だという。

「韓国のレーダーを使えば、発射直後の情報や発射直前の北朝鮮軍の動きなどがわかり、それらを日本が受け取ることができます。韓国側にとっても、日本のレーダーが収集したミサイルの着弾地点や航跡などを共有して情報分析に役立てることができ、両国にとってメリットがありました」

 日韓のGSO……(中略)…… 米韓の連携が取れていないことの象徴的なアピールになってしまいます。特に中国にとっては、喜ばしいことかもしれません」

 日本が韓国を貿易上の「ホワイト国」から外したことへの対抗措置とみられるGSOMIAの破棄だが、今後、大きな影響が出ないことを祈るばかりだ。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース