「不安な人は左へ」新幹線改札を巡る東京駅の取り組みが話題に

読者の皆さんは新幹線をどれほど利用するだろうか。仕事で頻繁に使う、年に1〜2回帰省や旅行で使うだけなど、人によってその頻度は様々だ。

あまり使わない人は在来線と仕組みが違う改札に引っかかってしまうこともあるはず。自分が改札を止めたせいで後ろの人に迷惑が――と後ろめたさを感じる人にとって、朗報ともいえる取り組みがJR東京駅で始まった。

それは、「ご不安な方」「よく使われる方」というカテゴリで改札を分けるというものだ。


東京駅の案内(提供:JR東海)

改札の混雑緩和にも一役買いそうな取り組みだが、JR東海にはどういった思惑があったのだろうか。

夏休みシーズン

この案内は2019年8月2日から、東海道新幹線の南乗換改札のみで実施されている。元々は「慣れていない方」と「慣れた方」との振り分けが行われていたが、16日から「ご不安な方」と「よく使われる方」と表記が見直された。

ツイッターでは表記変更前から、

「みんなが必要としている『わかりやすい案内』とは、細かい説明とかではなく、もっと手前の部分だったのかな……(中略)…… 送」などの結果も踏まえて、検証を進めていくという。

多くの人が利用するために、こうした取り組みは双方にとってありがたい。最後に担当者は、

「今後も、お客様にとって利用しやすいご案内が出来るようよう努めてまいります」

とコメントした。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース