LINE活用の手ぶらキャンプを実現する「Campify」のサービス開始、運営元のFLYはサムライインキュベートから追加出資

サムライインキュベートは8月22日、同社の起業支援プログラム「The First Movers」Hands “In” Batch Programの第1回採択企業であるFLYへの追加出資を発表した。出資額は非公開。

写真に向かって後列左から、サムライインキュベート共同経営パートナーCSOを務める長野英章氏、Investment Groupのマネージャーの坪田拓也氏、Investment Groupチームリーダーの平田拓己氏、創業者/代表取締役で共同経営パートナーの榊原健太郎氏。前列左から、FLY代表取締役の木村隆司氏氏と田邊龍二氏

FLYは、手ぶらキャンプの予約サービス「Campify」(キャンピファイ)を運営する2019年3月設立のスタートアップ。Campifyは、キャンプ場の予約、キャンプ用品のレンタル、テントなどの設営・撤収までをLINEを使って簡単に一括予約できるサービスだ。もちろんLINE上でキャンプについての相談もできる……(中略)…… ード投資を実施。その後、同社のキャピタリストとともに具体的なニーズを検証した結果、FLYはターゲットや提供価値、提供方法がより具体化されたことで今回の追加出資となった。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース