Microsoftが開発中のChromiumベースの新しいEdgeブラウザがベータ版に

Microsoft(マイクロソフト)は米国時間8月20日、WindowsおよびMac向けに、Chromiumベースの新しいEdgeブラウザーの最初のベータビルドを公開した。

およそ6週間ごとに新しいアップデートが公開される予定のこの新しいベータチャンネルは、それぞれ毎日あるいは毎週更新が行われている既存の開発者(dev)ならびにカナリア(canary)カナリアチャンネルに並ぶものだ。

過去数カ月のうちにMicrosoftは、既存のチャンネルで行われたプレビューリリースに対して、約14万件のフィードバックを収集した。この結果と、早期導入者たちから得た十分な量のデータによって、Microsoftはいまや、Edgeがどれくらい多くのマシンの上でうまく動作するのか、そしてより広いリリースを行う前に、愛好者、ウェブ開発者、そしてビジネスユーザーたちに使って貰える程度には安定しているのかどうかを認識しているのだ。

「ベータは最も安定したプレビューチャネルです。ベータ版に追加される機能は、最初にカナリアチャネル、次に開発者チャネルの品質テストをクリア……(中略)…… rel="noopener">原文へ]

(翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース