初のトランジスタ数1兆のチップを製造するためにCerebrasが克服した5つの技術的課題

Cerebras(セレブラス)に最高があふれている、これまで密かに次世代のシリコンチップ製造を進めて来たこの会社は、Amazonから歯磨き粉を買うことと同じくらい素早く、ディープラーニングモデルを生み出せるようにすることを目指している。

ほぼ3年にわたる沈黙の開発の後、米国時間8月19日、Cerebrasは新しいチップを発表した。それはとてつもない製品だ。その「ウエハースケールエンジン」(Wafer Scale Engine)は、1.2兆個のトランジスタ(史上最大)を持ち、面積は4万6225平方mm(史上最大)で、18GBのオンチップメモリ(今日の市場のチップの中で最大)と、40万個プロセッシングコア(おそらく最大だろう)で構成されている。

Cerebrasのウエハースケールエンジンは典型的なMacのキーボードよりも大きい(提供:Cerebras S……(中略)…… ko)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース