英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』~エネルギーが疾走するナグディ&ボール


英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19の最後の演目は、ここのロイヤル・バレエ団で生まれたドラマティックバレエの最高峰『ロミオとジュリエット』だ。ジュリエットを踊るのはヤスミン・ナグディ、ロミオはマシュー・ボール。2019年6月の英国ロイヤルバレエ来日公演で、あるいはマシュー・ボーンの『白鳥の湖』公演で、その魅力を日本のファンにたっぷりと焼き付けて行った2人が、鮮烈な若々しいエネルギーあふれる恋人たちを演じる。主演を中心にバレエ団一丸となった感動的な舞台は、何度も見たこの作品が新鮮に思えるほどだ。ぜひ大スクリーンでご覧いただきたい。

[embedded content]

ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』予告編


  ■若さならではの疾走感あふれる鮮烈な、生涯ただひとつの恋

とにかくあっという間の上映だった、ナグディ&ボールの『ロミオとジュリエット』。出逢い、恋に落ち、バルコニーで愛を語らい秘密裏に結婚し、しかし一度の過ちから別離を強いられ、最後の賭けに出……(中略)……

ダンサーの層の厚さも感じられる、バレエ団の伝統的作品『ロミオとジュリエット』。ロイヤルバレエファンはもとより、「ザ・スワン」あるいは「ストレンジャー」でボールに魅了された方々もぜひ、この映画でもうひとつのボールの姿をご覧いただきたい。

取材・文=西原朋未

上映情報 記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース