漫画家の園田小波さんが乳がんで死去 りぼんで15年間「チョコミミ」連載

 漫画家の園田小波さんが8月4日に乳がんのため死去したことが分かった。兵庫県出身、42歳だった。

 2003年から「チョコミミ」を連載をしていた「りぼん」(集英社)の公式サイトで発表されたもの。また、園田さんの公式ツイッターでも「りぼん公式ホームページにて発表がありました通り、8月4日園田小波が永眠したことをお伝えします。りぼんで『チョコミミ』を15年に渡り連載させて頂きました。完結させることが出来なかったのは残念ですが、皆様これまで『チョコミミ』及び園田小波を応援して頂きありがとうございました」と報告している。

 園田さんは1995年に「ハイテンション・アワー」でデビュー。2003年から連載の「チョコミミ」は、07年にテレビ東京系で寺本來可、増山加弥乃らが出演しドラマ化された。

【りぼん公式サイト 園田小波先生 ご逝去の報】

令和元年8月4日、

園田小波先生が乳がんのために逝去されました。

園田先生がりぼんで『チョコミミ』の連載を開始されたのは、平成16年4月号のことです。

友情に恋におしゃれに、女の子の好……(中略)…… の念を抱きつつ、これからも私たちは、先生が築いたかけがえのない世界を大切に守っていきます。

園田先生、本当にありがとうございました。心よりお悔やみを申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

令和元年8月19日

りぼん編集部一同

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース