スペースマーケットがイベント幹事の負担減らす新サービス、参加者管理・会場手配・集金決済など1か所で

企画、ページの作成、参加者の募集・管理、会場の手配、集金決済。それが比較的規模の大きいカンファレンスやセミナーであれ、こじんまりとした勉強会であれ、いざイベントを開催するとなると主催者や幹事がやらなければいけないことは多い。

今回紹介する「スペースマーケットEVENT」はそんなイベント幹事の負担を軽減するサービスだ。参加者募集・会場予約・集金決済といったイベントの準備が1か所で完結する仕組みを構築し「もっと気軽にイベントを開催できるようにすること」が目標だという。

本日8月19日に正式ローンチを迎えたこのプロダクト、その名前からもわかるように様々なスペースを貸し借りできるプラットフォームを展開するスペースマーケットの新しい取り組みだ。

参加者募集、会場予約、集金決済が1サービスで完結

上述したようにスペースマーケットEVENTの最大の特徴は「イベント開催時の基本的な準備事項が1つのサービスに集約されている」こと。ページの作成や有料チケットの販売、参加者の管理・集金はもちろん、スペースマーケットを通じた会場の手配も同一アカウントで実行する……(中略)…… かったため、PDCAを回すことも難しく、結果的に上手い人に幹事の役割が集中しがちだった。幹事の負担を少しでも軽減することで、イベントを開催する際の足かせをなくしていきたい」(鈴木氏)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース