あおり殴打でネットでは容疑者とは別の名前拡散 名誉毀損にあたる可能性

あおり運転殴打事件の男性も女性も逮捕されたが、ネット上では犯人の名前として男性も女性もまるで別の名前が拡散されていた。

デマの男性名はSNSのアカウントがなかったのか、特に被害があった話は耳にしていないが、デマで犯人扱いされた女性の方は深刻な被害を受け、女性の代理人弁護士はこの件について声明を出している。

「女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。)も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。
以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています」
https://irocommu.com/2019/08/18/news/ 逮捕された女性とはまるで別の名前がネット上で拡散された。
そのせいでいやがらせの電話や書き込みやメッセージなど実害を被ったのである。

デマを流した大元の投稿者はもちろん、デマ情報を拡散するだけでも名誉毀損に問われる可……(中略)…… く、デマで批判していた人間が晒される側になり、社会的制裁を受けることになる。

くれぐれもネットの情報を、条件反射で反応しないように注意してください。

デマを拡散したあなたがその犯罪行為で名前や顔を晒され、制裁を受けることになるかもしれませんよ。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース