清塚信也 日本人男性クラシック・ピアニスト史上初の日本武道館単独公演レポート 

2019年8月16日(金)に東京の日本武道館で『清塚信也KENBANまつり』が開催された。

日本人男性クラシック・ピアニストとしては史上初の武道館単独公演として開催前から話題となっていたが、当日は約7000名の観客によって会場は埋め尽くされた。

ステージの中央に置かれた1台のグランドピアノの後ろにもう1台のグランドピアノ。そしてそれを扇状に囲むように、8台のグランドピアノ、2台のアップライトピアノ、合計12台のピアノをステージに設置。

スポットライトに照らされ、にこやかに登場した清塚信也は、1曲ごとに移動しながら、ステージ上の1台1台のピアノとの対話を楽しむように、パッヘルベルの「カノン」、J.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」、ベートーヴェンのソナタ「月光」「悲愴」「熱情」などクラシックの有名曲を立て続けに演奏し、“ラグタイムの王様”スコット・ジョップリンの「ジ・エンターテイナー」に続いて、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」「サマー・タイム」「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー」……(中略)…… アノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

リリース情報

清塚信也『SEEDING』

 

2019年7月17日(水)リリース

CD/ハイレゾ/ストリーミングはこちら

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース