次期Apple Watchにはセラミック製とチタン製か

Apple(アップル)は次期Apple Watch(アップルウォッチ)で、新材料となるチタンとセラミックをケース素材に使用するかもしれない。この情報は最新のwatchOSベータ版に基づくもので、ブラジルのサイトiHelp.br(9to5Mac経由)が発見して報じた。ベータ版で明らかになった新たなスクリーンでは、セットアップでのApple Watchペアリングに使われるグラフィックが示されていて、そこにはモデルサイズの識別情報とともに“チタンケース”と“セラミックケース”と表示されている。

Appleは以前、シリーズ 2とシリーズ 3のモデルでセラミックのApple Watchをプレミアム価格で、そして黒と白のケースのオプションで提供していた。チタンはこれまでに使用していないが、この軽くて丈夫な金属は従来の時計メーカーの間では人気だ。というのもチタンは時計のケースの重量を大幅に抑えられ、それでいてプレミアムな外観と感触があるからだ。

昨年のApple Watchシリーズ4では2015年の投入以来、ボディデザインにおいて初の大きな変更があったにで、今年再……(中略)…… ner">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース