三浦大知、家入レオ、松下優也、中村中ら出演『「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート』第3弾開幕 極上の音楽と歌声に包まれて

2019年8月16日(金)、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて『「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート~ひかりを聴け~』が初日を迎えた。「蜜蜂と遠雷」は、第156回直木三十五賞、また第14回本屋大賞を受賞した恩田陸が手掛けた名作。3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台に、数多くの天才たちによって繰り広げられる競争、そして自らとの闘い、人間の才能と運命、そして音楽を描いている。この作品を原作として歌と朗読、ピアノとオーケストラのコラボレーションでコンサート化されたのが今回の公演となる。

第3弾となる今回は、音楽監督と指揮を千住明が務め、三浦大知、家入レオ、松下優也、中村中、木村優一がアーティストとして、また湖月わたる、黒田こらんはストーリーテラーとして出演する。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が務める。

初日を目前にした16日、劇場内で囲み取材が行われ、千住、三浦、家入、松下、中村、木村、湖月、黒田が登壇した。

千住は今回のコンサートについて「このコンサート自体3回目になるんですけども、昨年の1月と5月……(中略)…… ール

■原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫)■指揮・音楽監督:千住明■演出:藤澤浩一■構成台本:モトイキシゲキ

■出演:三浦大知、家入レオ、松下優也、中村中、木村優一/湖月わたる、黒田こらん■ピアノ:川田健太郎、西本夏生、重実徹■管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース