中国が対抗なら「究極の報復」トランプ大統領が制裁関税を巡りけん制

アメリカが来月発動を予定している中国への制裁関税をめぐり、トランプ大統領は15日、中国が対抗措置をとるならアメリカには「究極の報復手段がある」と述べ、けん制した。

アメリカは、中国への制裁関税・第4弾を来月1日に発動する予定だが、中国政府は15日、発動されれば「必要な対抗措置をとらざるを得ない」と発表している。

これに対し、トランプ大統領は15日、中国が対抗措置をとればさらなる報復で対応する考えを示した。

トランプ大統領「中国は対抗措置をとることはないと思うが、もしとったらアメリカには究極の報復手段がある」

また、大統領は「貿易戦争が長引けば中国は弱体化するが、アメリカは強くなる」と強調した。中国に圧力をかけるとともに、大統領選挙を来年に控え、強気の姿勢を支持者にアピールする狙いがあるとみられる。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 措置をとることはないと思うが、もしとったらアメリカには究極の報復手段がある」

また、大統領は「貿易戦争が長引けば中国は弱体化するが、アメリカは強くなる」と強調した。中国に圧力をかけるとともに、大統領選挙を来年に控え、強気の姿勢を支持者にアピールする狙いがあるとみられる。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース