Bluetoothを使ったクレカのスキマーを検出するアプリを研究者が開発

ガソリンスタンドや銀行のATMに密かに設置されていることのあるクレジットカードスキマー。そうした装置をワイヤレスで検出できる新たなアプリを、コンピューター科学者のチームが開発した。

カードスキマーがATMの正面全体を覆ってしまうような時代ははるか昔のこと。近頃のクレジットカードスキマーは小さく、ほとんど目につかない。そして、その多くがBluetoothを使ったワイヤレス通信機能を備えている。つまり、カード情報を盗み取ろうとする輩は、いったん装置を設置すれば、二度とガソリンポンプのカバーを開ける必要がない。そして、車に乗ったまま近づいて、盗んだカードデータをワイヤレスで吸い上げることができるというわけだ。

多くの場合、スキマーは、磁気ストライプリーダーだけでなく、キーパッドにも接続される。それにより、クレジットカード番号に加えて暗証番号や郵便番号も盗むことができる。

Bluetanaと呼ばれる新たなアプリは、カリフォルニア大学サンディエゴ校と、イリノイ大学アーバナシャンペーン校の研究者によって開発された。ターゲットとなりやすいガソリンポン……(中略)…… etana-card-skimmer-gas-pump/">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース