Superfly、NHK朝ドラ「スカーレット」の主題歌担当

Superflyが9月30日(月)より放送されるNHK連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌を担当することが発表された。

主題歌はSuperflyがドラマのために書き下ろした「フレア」に決定。タイトルの「フレア」は陶芸家の主人公が向き合う炎の“flare”と、自己表現や才能を意味する“flair”の2つを意味し、カントリー調のリズムとギターサウンドを主軸に、シタールやジャンベなど民族楽器を取り入れた多国籍な雰囲気あふれる楽曲となっている。同曲についてSuperflyは「みなさんの中にもある“炎”を絶やさぬよう、ポジティブな炎を燃やし続けられるよう前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです」とコメント。なお彼女が連続テレビ小説の主題歌を担当するのはこれが初となる。

Superfly コメント

「スカーレット」主題歌のお話をいただき、とてもうれしかったです。幅広い世代の方々に聴いていただけること、物語のオープニングとして毎朝聞いていただくことを意識して、ドラマのお話にスッとバトンをつなげられるような曲にしたいと思い制作しました。主人公である陶芸家の川原喜美……(中略)…… 方を、物語の入り口にスムーズにいざなえるように、という心遣いをもって作られたことにも感動しています。「フレア」はスカーレットをまさに導いてくれる曲です。お聞き頂くのが待ち遠しい思いでいっぱいです。

NHK総合「連続テレビ小説 スカーレット」

初回放送:2019年9月30日(月)8:00~

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース