ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』主演のマシュー・ボールにインタビュー~英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズンにて8月23日公開


麗しき容姿と繊細な感性に満ちた演技力を併せ持つマシュー・ボールは若くして英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル(最高位)に昇格し名門の次代を担う。2019年6月にはロイヤル・バレエのツアー、同7月にはマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』で来日し日本でも人気急上昇中の“時の人”だ。そのボールが主役のロミオを踊る『ロミオとジュリエット』(振付:ケネス・マクミラン)が、「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19」の一環として2019年8月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか、全国公開される。「SPICE」では6月下旬、ボールの来日時に単独インタビューを行い、『ロミオとジュリエット』の魅力や役作り、舞台に賭ける思いを聞いた。

Artist of The Royal Ballet in Romeo and Juliet, The Royal Ballet © 2019 ROH. Photograph by Helen Maybanks

――マクミラン版『ロミオとジュリエット』はロイヤ……(中略)…… s="img-exp">Romeo and Juliet. Matthew Ball as Romeo, Yasmine Naghdi as Juliet. ©ROH, 2015. Photographed by Alice Pennefather

取材・文=高橋森彦

上映情報 記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース