台風10号の影響で九州・四国の一部が暴風域 台風の東側は大雨に警戒

台風10号 九州・四国の一部が暴風域 今日にも四国上陸で記録的大雨に

2019/08/15 01:50 ウェザーニュース

台風10号は15日(木)1時の推定位置で、種子島の東約160kmの海上にあって、時速15kmと自転車レベルのゆっくりとした速さで北に進んでいます。九州南部に加えて四国の一部が台風の暴風域に入ったと見られます。▼台風10号 8月15日(木) 1時推定 存在地域   種子島の東約160km 大きさ階級  大型 移動     北 15 km/h 中心気圧   965 hPa 最大風速   30 m/s 最大瞬間風速 40 m/s台風は現在、北よりに進んでいることから、15日(木)の午前中に四国に上陸する可能性が高くなってきています。そのあとは昼間に四国、中国地方を通過し、夜には日本海に抜ける見込みです。

九州や四国ではすでに暴風・大雨に

台風の北上に伴い、すでに西日本を中心に風雨が強まってきました。15日(木)1時までの最大瞬間風速は、高知県室戸岬で31.6 m/sを観測。1時までの24時間雨量は奈良県上北山で326.5mm、高知県魚梁……(中略)…… 雨への対策を済ませるようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風10号のクローサ(Krosa)は、カンボジアが提案した名称で「鶴」のことです。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース