エンジンの性能を表す「パワー」と「トルク」 何が違うのか

トルクは基本的に排気量に比例する

 エンジンの性能を比較するのに気になる数字といえば、パワー(出力)とトルク。どちらかというと、トルクよりパワーの数字を気にする人の方が多いだろうが、エンジンは発する力は、軸=クランクシャフトを回す力として現れるので、エンジンの回転力=トルクこそが、エンジンの力、粘り強さと考えればいい。

 もう少し詳しく説明すると、エンジンがある回転数で回っているときに、どれだけの力でクランクシャフトを回しているのかを示すのがトルク。単位は「kg-m 」で、クランクシャフトから長さ1mの棒を出して、その先端に吊り下げた1kgの重りを回転させる力(軸をねじる力)が、1kg-mというトルクになる。

 トルクは基本的に排気量に比例する。単純にいえば、1リッターのエンジンならで10kg-mぐらいがひとつの目安。2リッターで20kg-m、3リッターなら30.0kg-mといったところ。これがターボ車となると、タービンの力で強制的に吸入空気量を増やすので、実質的に排気量が増えたことになり、トルクも太くなる。2リッターのエ……(中略)…… 少々低速トルクを犠牲にしても、高回転で伸びのあるエンジンのほうが気持ちがいいので、排気量と回転数、気筒数をどうするのか、その加減が難しいところ。力強くて、気持ちがよくて、スピードが出せる夢のエンジンの実現がなかなか容易なことではないのは、こうした事情があるからなのだ。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース