動物たちによるオーケストラ・ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団が秋の芸術祭を東京・大阪で開催

ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団が秋の芸術祭と題して、2019年11月1日(金)と7日(木)、東京と大阪でコンサートを上演する。

ズーラシアンフィルハーモニーは、親子でオーケストラを楽しむという観点から、童謡や民謡などをオリジナルアレンジした「シンフォニック童謡」の世界を確立してきた。どこかで聞いたことのある童謡などのメロディーをベースに、今まで敷居の高かったオーケストラのコンサートを身近に感じられる工夫をしてきたという。

昨年からオーケストラ作品をそのまま演奏するあらたなコンサートプログラムがスタートし、昨年はラヴェルの『ボレロ』を演奏して好評を得たが、今年はチャイコフスキーの『大序曲1812年』を動物たちが披露する。いつもよりたくさんの動物たちが奏でるフル編成の『大序曲1812年』をズーラシアンフィルならではの演出で、より華やかに上演されるとのことだ。この曲で客演指揮者のコビトカバがデビューするので、パーマネント指揮者のオカピとの共演も楽しめそうだ。

クラシック音楽における絵本のような役割ができれば、という思いから2000年に誕生した『……(中略)……

■プログラム(予定)

・幸せなら手をたたこう【木管五重奏】(アメリカ民謡)

・眠りの森の美女【金管五重奏】(チャイコフスキー)

・四季の饗宴【フィル】(編曲:石川 亮太)

・大序曲1812年【フィル】(チャイコフスキー)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース