清塚信也「一生残る、ダイレクトなサウンドをお届けする」『清塚信也KENBANまつり』インタビュー

2019年8月16日(金)、清塚信也がコンサート『清塚信也KENBANまつり supported by YAMAHA』を開催する。クラシックはもちろん、ポップスなどのいろんな要素を含んだオリジナル楽曲、ドラマ「コウノドリ」や映画「新宿スワンⅡ」などの劇伴音楽を手がけたり、映画「さよならドビュッシー」などで俳優として、さらにラジオのパーソナリティー、テレビのバラエティ番組への出演など、チャレンジし続けている。7月17日に発売したアルバム『SEEDING』のこと、そして邦人男性クラシック・ピアニストが単独公演を行うのは史上初となる日本武道館公演について語ってもらった。

ーー日本武道館公演の8月16日まで気づけばあと1ヶ月ぐらいになりました。“邦人男性クラシック・ピアニスト”では史上初ということですが。

気づけば本当にもうすぐですね。“史上初”ということですけど、僕は業界を背負ったりする性格ではありませんし、クラシック業界というのがあるのかどうかも考えたことがないんです(笑)。 嬉しいですし気合いは入っていますけど、プレッシャーに感じたことはありません

【スペシャルゲスト】NAOTO(Vl)啼鵬(Cond),山本翔平(Vl),高木慶太(Vc),朝里奈津美(Perc)

料金:アリーナ席 ¥8,500 スタンド席 ¥7,500

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース