GitHubがCI/CDサービスを標準サポートへ

Microsoft(マイクロソフト)傘下のGitHub(ギットハブ)は米国時間8月8日、CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)機能をフルにサポートするGitHub Actionsの新バージョンをベータ公開した。一般公開も11月13日に予定している。

また同社は、それと同時に、GitHubのプラットフォームには、すでに4000万人以上のデベロッパーが参加していることも発表した。

ワークフローを自動化するプラットフォーム、ActionsをGitHubが公開したのは10カ月前だ。デベロッパーは、それ以前から、あらゆる種類のイベントをトリガーすることによって、独自にCI/CDのパイプラインを実現することも可能だった。GitHubチームがActionsの発表の際に強調していたのは、Actionsを使ってそうしたパイプラインを実現することも可能だが、Actionsにはもっと多くの可能性があるということ。もちろん、デベロッパーはActionsを使ってCI/CDを実現することに、かなりの興味を抱いていたはずだ。

「昨……(中略)…… -now-a-ci-cd-service/">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース