ファーウェイ自家製OSはスマホやスマートホームにも結局使われる

これまでの数カ月、Huawei(ファーウェイ)の役員たちは互いに相反する諸説を述べてきたが、この中国のネットワーキング大手は8月9日にやっと、問題のHarmonyOSを公式に発表した。同社が開発したその待ちに待たれたモバイルオペレーティングシステムはスマートフォンやラップトップ、スマートホームデバイスなどを駆動し、これにより同社はいくつかのグローバルな大企業への依存を断ち切ろうとしている。

ファーウェイの消費者事業部のCEOであるRichard Yu(リチャード・ユー)氏は同社のデベロッパーカンファレンスで「HarmonyOSは今年後半に出るテレビ受像機のようなスマートスクリーンデバイスで使われる」とコメントした。そして「今後の3年間で、世界で2番目に大きなスマートフォンベンダーであるファーウェイはHarmonyOSをそのほかの多様なデバイスに載せていく」とも言った。

このモバイルオペレーティングシステムはオープンソースだが、当面その可用性は中国に限定され、国際化は次の段階として予定している。

今日の発表から数か月前には、米政府がファー……(中略)…… target="_blank" href="http://alga.no.coocan.jp/" rel="noopener">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース