クラウド養豚システムのEco-Porkがユーグレナやリバネス、田中衡機工業所と提携

クラウド養豚システムを開発・販売しているEco-Porkは8月8日、約5000万円の資金調達を発表した。7月11日付けで、リアルテックファンド、リバネス、田中衡機工業所を引受先とする第三者割当増資を実施。同社は今回の資金調達により、既存サービスの事業基盤ならびに研究開発の強化を進める。億単位の資金調達ニュースが飛び交う現在、今回Eco-Porkが調達した資金は少額だが、シナジー効果のある事業会社と提携した点で注目だ。

Eco-Porkは、2018年9月に第1弾のサービスとしてモバイル養豚経営支援システム「Porker」をリリース。これは、養豚場で発生するさまざまなデータをスマートフォンなどのモバイル端末を使って現場で入力することで、繁殖や肥育の状況把握から経営分析までを可能にするシステムだ。2019年3月現在で全国20農家、母豚規模では3万5000頭ぶんの農場で稼働している。

世界人口の増加と新興国の経済成長により、2025年~2030年に訪れるいわれているタンパク質危機。飼料の高騰によって年を追うごとに養豚事業のコストは上昇しており、その上昇ぶんは……(中略)…… erは、まさにこういった群管理の豚を個体ごとに効率的に管理するシステムだが、畜産向けの体重計でトップシェアを誇る田中衡機工業所と組むことで、今後はさらにきめ細かい体重管理や生産計画も可能になるはずだ。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース