自民議員「韓国の甘えを許すな」

 政府は、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「グループA(ホワイト国)」から、韓国を外す決定を行いました。7日に公布し、28日から施行されます。 軍事転用の恐れがある物資の、管理体制に不備がある国に対し、輸出管理を見直すことは輸出国として当然のことです。

 禁輸措置ではなく、手続き、輸出管理を適切に行えば輸出はできるにもかかわらず、韓国は「制裁だ」「経済侵略だ」と意味不明な主張をし、大統領である文氏にいたっては、「状況を悪化させた責任は日本政府にある(城内注:逆でしょ。)」、「加害者である日本が、盗っ人たけだけしく大声を上げる(城内注:あげていないよ。大声あげているのは文大統領とその手下でしょ。)状況は座視しない」と非難しています。

 日本企業への影響は一時的に多少あったとしても、ここで韓国に絶対妥協や、これまでのような理不尽な「甘え」を許してはなりません。安全保障上の輸出管理は、国際社会に果たすべき日本の責務です。 どこかの国のように感情的な対応ではなく、武士道の国日本らしく、淡々とおごらず謙虚に、毅然とした態度で対応を進めていく必要があります。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース